バレエ椿姫

椿姫がバレエになっているということで、

DVDを購入。

ラトラビアータ

昔、ディアゴスティーニで冊子とDVDがセットになって、

2週間に一度出されていたシリーズの一つです。

このシリーズのいいところは、

全作品字幕がついていることです。

オペラが字幕なしだとこまりますが、

バレエは字幕がついていると、

理解が格段にちがいます。

この椿姫、みてみたら、

ヴェルディの有名なオペラとそうとう趣が異なり、

まあ、歌と踊りですから違うのは当然ですが・・・

オペラにはないような場面もあったり、

またそもそも、椿姫が死んで家財の競売の場面から始まってるという設定でした。

振付がノイマイヤーで、

椿姫にアニエス・ルテステュ

その恋人(オペラではアルフレートに相当)をデュバル・ステファン・ビュヨンという配役。

やはり、ルテステュの椿姫は美しく、演技もよく、

最期には、やはりホロリとさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です