ケ・サラ(Che sara)聴き比べ

1971年のサンレモ音楽祭で、4人組のボーカル・グループのリッキとポーヴェリとアメリカのホセ・フェリシアーノが歌って2位となった曲です。

ケサラというのは、『どうにかなるさ』という意味だそうです。

まずは歌詞の対訳です。

まずは4人組の リッキとポーヴェリの歌です。

上の動画が1971年で下の動画が2013年のものです。じつに42年が経過しています。

次はホセ・フェリシアーノの歌です。サングラスをかけていますが、全盲だそうです。

上の動画が1971年、次が2006年、その次が2012年の歌です。

次はジミー・フォンタナの歌です。実はこの人が作曲していたのです。

次はリタ・パヴォーネのカバーです。ウィキペディアによると、イタリアではプレスリーを凌ぐ人気があったそうです。

上の動画は1972年、その次は映像がついていませんが1973年のものです。一番下の動画は2001年にホセ・フェリシアーノと共演した時のものです。

次はパトリツィオ・ブアンネのカバーです。

つぎはペギー葉山のカバーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です