畑儀文 40周年記念リサイタル

12月1日に、テノールの畑儀文のデビュー40周年記念コンサート、いずみホールに聞きに行ってきました。

曲目はシューベルトの『冬の旅』、小林道夫氏のフォルテピアノによる伴奏でした。

全曲を通しての演奏ではなく、1部の後に休憩を挟んでの演奏でした。

いつも通りの柔らかい美声で、全曲を歌いとおしました。

また美しい音色のピアノフォルテで、シューベルトの時代の音色を楽しめました。