スコット・ドミンゴの『マノン・レスコー』

昨晩は、ドミンゴがデ・グリューを歌った、

メトロポリタンオペラでの1980年3月のライブのDVDを見ました。

このDVDに収録されたドミンゴの歌唱、圧倒的なうまさです。

タイトルロールのレナータ・スコットも、

ドミンゴの相手役として熱演しています。

ストーリー自体、マノンの馬鹿女ぶりには、

まったく感情移入できませんが、

4幕で、デ・グリューとマノンのやりとりは実に感動的でした。

このオペラ、4幕だけ見ても楽しめます。

蛇足ですが、カーテンコールに出てきたレバインが、

結構スリムだったのには驚きでした。

1980年の時点では、さほど太っていなかったのですね・・・

ドミンゴとスコットのマノン・レスコーの4幕の抜粋した動画がユーチューブにありました。

次は1983年のロイヤルオペラでの公演で、

ドミンゴとキリテ・カナワ、指揮がシノーポリです。

4幕だけの音声ですが、

ジュゼッペ・ディ・ステファノとレナータ・テバルディのライブのユーチューブ、貼っておきます。音声だけですが、楽しめます。