ヴェルディ「二人のフォスカリ」

これはヴェルディの6作目のオペラです。

クラシカジャパンで録画してあったものです。

主な出演者はレオ・ヌッチ、フランシスコ・カサノバ、

ディミトラ・テオドッシュ等で指揮はリッカルド・ムーティの

スカラ座での公演です。

ストーリーが陰鬱で、どうも好きになれないオペラです。

レオ・ヌッチの表現が、

総督の威厳を保つためか抑え気味の表現になっています。

プラシド・ドミンゴは最近、この役を得意にしてるようですが、

こちらの方がドラマティックでこういう演奏もいいですね。