シュトラウス「こうもり」

カルロス・クライバー指揮の「こうもり」の中では名盤中の名盤。

アイゼンシュタイン: エーベルハルト・ヴェヒター
ロザリンデ : パメラ・コバーン
フランク : ベンノ・クッシェ
オルロフスキー : ブリギッテ・ファスベンダー
アルフレート : ヨーゼフ・ホプファーヴィーザー
ファルケ : ヴォルフガング・ブレンデル
ブリント : フェリー・グルーバー
アデーレ : ジャネット・ペリー

1986年のミュンヘンの歌劇場での収録です。

クライバーのきびきびした指揮で楽しめる演奏です。

余談になりますが、

「こうもり」はドイツの多くの歌劇場では年末・年始の定例の出し物になっています。

日本人の感覚だと、

年末と年始はまったく別物ですが、

欧米では年末と年始は感覚的に結構連続してる感じです。

日本でも有名なウィーンフィルのニューイヤコンサートですが、

これも大晦日に ジルヴェスターコンサートがあり、

同じプログラムで元旦にニューイヤーコンサートを行います。

今年2020年であれば、

大晦日の19時半からリッカルド・ムーティの指揮で行われる予定です。

そして2021年の元旦におなじムーティの指揮で、

ニューイヤーコンサートが行われます。

日本では年末の第9交響曲は12月中で終わりですが、

欧米の「こうもり」は年末・年始ということで、

12月と1月によく上演されます。

欧米は年末・年始よりその直前のクリスマスの方が大きな祝日になるので、

日本人とは感覚が違うようです。

話を元に戻して、

クライバーの「こうもり」ですが、

ユーチューブにありました。