二人のフォスカリ

永竹由幸さんの『オペラ名曲百科(上)』の

「二人のフォスカリ」の解説を見ると、

『内容が暗すぎて救いようがないが、曲はしっかり書けていて、ヴェルディのマイナーズの中でも秀逸なものの一つ』とのこと。

確かに暗くて何度も見たいという気はしない。

これは2016年のスカラ座の公演で、

ドミンゴが主役を歌っています。

前の投稿で1976年の『カバレリア』と『道化師』について書きましたが、

これはそれから実に40年後の公演になります。

1976年で35歳ですから、

2016年で75歳ですね。

5月にレオ・ヌッチの主演の公演のDVDの感想を書きましたが、

あの公演よりは、

ドミンゴの表現の方が人間的で

暗い内容ですが主人公に少しは共感できました。