スポンティーニ・「仮面をつけた駆け落ち」

ルース・ロジク(エレナ/ソプラノ)

カテリーナ・ディ・トンノ(オリンピア/ソプラノ)

アレッサンドラ・マリアネッリ(コラッリーナ/ソプラノ)

クレメンテ・ダリオッティ(ナルドゥッロ/バリトン)

フィリッポ・モラーチェ(マルズッコ/バス)

アレッサンドロ・スピーナ(ナスタージョ/バス)

ディオニージ・ドストゥーニ(ドラルボ/テノール)

コッラード・ロヴァリス  指揮

イ・ヴィルトゥオージ・イタリアーニ

2012年8月29日テアトロ・ペルゴレージ(イェージ、イタリア・マルケ州)「ペルゴレージ・スポンティーニ・フェスティバル2012」での収録

これもクラシカジャパンプラスで見ました。

解説によると、なんと212年ぶりの復活上演の記録だそうです。

「18世紀の古典的なスタイルのオペラ・ブッファながら、ロッシーニを先取りした傑作。」とのこと。

スポンティーニのオペラを見たのは今回が初めてのような気がする。

結構楽しめる内容でした。

録画できないのが残念です。