Meditate Meditation Woman Mountains  - kalyanayahaluwo / Pixabay

自己啓発

瞑想とは 簡単に解説してみました。

瞑想が最近静かなブームになってきているようです。近年、多くの企業で瞑想、マインドフルが企業の社員研修で取り入れられてきています。また多くの著名人が瞑想を生活にとりいれてきています。

     

瞑想が世間の注目を浴びつつありますが、今回、瞑想について簡単に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

瞑想とは

瞑想とは簡単に言うと、現在に意識を集中することです。

   

もっとも歴史的に見ると、仏教や禅がからんでいたりして、慈悲瞑想などは自分の身近な人の幸福を祈りながら瞑想するので、現在に意識を集中するとは言い切れません。しかし、現在、流行しているマインドフル瞑想であれば、単純化して現在に意識を集中することといっても良いでしょう。

 

社員研修などでは一番単純な呼吸瞑想を指導されることが多いと思われますが、呼吸瞑想は、呼吸に意識を集中する、いいかえれば現在に意識を集中する方法です。

瞑想の効果

瞑想が集中力を高めるのに有効だと言われています。それで多くの企業が社員研修に瞑想をとりいれてるのですが、集中力を高める以外にも、

ストレスの低減

心の安定

仕事のパフォーマンスの向上

直感が研ぎ澄まされる

願望がかないやすくなる(ひきよせ)

人間関係が良好になる

などがあげられます。

    

一つ一つの効果が無関係なのではなく、心が安定してくるから人間関係も良好になるでしょうし、集中力が高まるので仕事のパフォーマンスも高まるのでしょう。

    

というように、生活をするうえで、瞑想を習慣化するのは非常に良いことだといえるでしょう。

     

というわけで、多くの 著名人で瞑想してる人がいます。例えば、 ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス、エマ・ワトソン、クリント・イーストウッド、ビートルズ、レディ・ガガ、ミランダ・カー 松下幸之助、イチロー、本田圭祐、加治将一 などがいます。

これだけの著名人が瞑想してるというのは、瞑想になんらかの効果があることが明らかですね。一度トライする価値ありますね。

瞑想の種類

Sunset Dusk Silhouette Shadow Girl  - Free-Photos / Pixabay
Free-Photos / Pixabay

瞑想は歴史が古いので様々なやり方が考案されています。様々なやり方があるので、分類の仕方もいくつかあります。

静的瞑想と動的瞑想

瞑想を静的な瞑想と動的な瞑想に区分できます。

    

静的な瞑想とは、一般的に瞑想をイメージするときの瞑想が含まれます。

坐ってする瞑想、寝転んでする瞑想など体を動かさずに行う瞑想です。従来の多くの瞑想がこちらに含まれます。

    

それに対して、動的な瞑想は、コーヒーを飲みながら行うコーヒー瞑想や、食事をしながら行う食事瞑想や、歩きながら行う歩行瞑想などがあります。

    

人によっては動きながらの方が雑念がわきにくいので、動的瞑想の方が性に合うという人もいます。

静的な瞑想を始めて、自分には瞑想が向いてないと思うなら、動的瞑想を試してみるのも一つの方法ですね。

     

-自己啓発
-, , ,

© 2021 音楽のある日々 Powered by AFFINGER5