Run Shoes Jog Fitness Sport Shoe  - USA-Reiseblogger / Pixabay

自己啓発

歩きながらの瞑想(歩行瞑想)のやり方について

瞑想は日常生活の様々な場面で行うことが可能です。

今回は歩きながら行う歩行瞑想について説明していきます。

 

  

スポンサーリンク

1.基本の歩行瞑想

瞑想はどのような瞑想であれ、今、現在に意識を集中することが大事です。歩行瞑想では、何も考えずに、歩くことと息をすることに意識を集中します。

   

始めたばかりの初心者は、超ゆっくり歩いて、足の裏の感覚に集中します。足が地面を離れつつある感覚、足が空中を動く感覚、足が地面につきつつある感覚、足が地面についた感覚、もう一方の足に集中を移します。

   

超ゆっくり歩くので、室内で行うのが無難です。慣れてきたら、超ゆっくりから普通にゆっくりくらいで歩いて瞑想します。

   

歩き方としては、心持ちいつもよりゆっくり歩きます。一歩一歩確実に足の動き、手の動きを意識しながら歩きます。

    

これなら、だれでも通勤の途中や、買い物に行くとき、散歩の途中に実行可能です。

    

DAIGOさんのわかりやすい動画がありました。貼っておきます。

     

2.集中力を高める歩行瞑想

この歩行瞑想ですが、成瀬雅春の『仕事力を10倍高める瞑想トレーニング』という本では、歩くときに歩数を数えて集中力をたかめることを提案しています。

   

通勤で駅まで歩くなら、毎朝、家から駅まで何歩で歩けるか数えるのです。万歩計は使いません。例えば、100歩ごとに指を折って数えて、指を何本折ったかで数えます。

   

この方法の何がいいかというと、普段700歩で歩けるのに800歩かかってしまったら、体調が芳しくないことにきずけます。体調管理にも重宝するのです。

    

成瀬雅春の『仕事力を10倍高める瞑想トレーニング』には

常に正面を見据えて前向きにあるくことが、幸運を招き入れる秘訣でもあるのです。仕事がうまくいかず落ち込んでいるときこそ、歩幅を大きく取り、しっかりした足取りであるくべきです。その歩き方をとるだけで、仕事が順調に運び、幸運が舞い込んでくるでしょう。』と書かれています。

    

歩くことに集中して、良い姿勢であるいていれば、集中力も高まり、幸運もえられるなら実行する以外にないですね!!

   

瞑想関連記事です。

岡野真の《3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation(瞑想)》

朝のマインドフルネス瞑想

慈悲の瞑想のやり方

-自己啓発
-, , , , ,

© 2021 音楽のある日々 Powered by AFFINGER5